歯磨きの口臭予防・対策

 

口臭予防で頂点基本なのが「歯磨き」です。

 

歯磨きが慣習に弱い方は、口臭はというこれからも長く付き合って出向く方です。

 

歯磨きは意外に時間がかかってしまい、ちゃんと歯磨きをすると10分以上はかかってしまいます。

 

時間がもったいないという方は、お昼はうがいだけで、朝晩は歯磨きを通して下さい。

 

歯磨きが頂点大切なのは、夜眠る前に歯を磨くことです。

 

唾液には、細菌の増殖を抑えて歯を続ける作用がありますが、寝ている間は唾液の分泌量が減少してしまう。

 

そのため、寝いている間に細菌が増殖して、虫歯や歯周病が進行してしまい口臭の元になります。

 

また、歯磨きの仕方によっても皆目歯磨きの効果がなくなってしまうことがあります。

 

歯磨きの時間が2〜3分で終わってしまって掛かる方は、磨きほうが不十分です。

 

歯茎や歯といった歯にわたっての歯垢(プラーク)がしっかりと掃除されていなく、磨き記しがあるはずです。

 

その磨き記しが歯石し、細菌がつき易くなり、口臭のリスクを高めてしまう。

 

磨き記しを確認するには、歯垢染め出し液で確認してみてください。

 

磨き記し箇所が赤くなるので、二度と丁寧に磨くようにしましょう。

 

ここまでやって、歯磨きはOKということになります。

 

また、おんなじ歯ブラシを長く訴えると歯ブラシにも細菌が増殖してしまいますので2週間くらいで交換するようにしてください。

 

 

 

 

うがいでの口臭予防

 

口臭予防で、誰でも簡単に出来る方法は「うがい」です。

 

うがいは、風邪やインフルエンザの予防として、帰宅後に始終行っている思います。

 

こういううがいは、口臭予防の基本的なことです。

 

食事をした後や口内がネバネバしたまま本当に行うことをおすすめします。

 

うがいが口臭予防に効果があるのは、口内の汚れが全く出向くからです。

 

口臭が気になっている方は、食後に歯磨きをする人は多いです。

 

サラリーマンですが、給湯室にマイブラシを置いている方もいると思います。

 

ですが、どうにも忙しない方は、うがいだけでもいいので何とか見てください。

 

食後の食べカスや汚れびっくりするくらい現れるので、口臭を統べることができます。

 

うがいもしないまま時間が経つと、口内にたまった食べカスが腐敗して口臭が現れる原因になります。

 

食後のうがいを丁寧に行えば、かなりの口臭元を口内から掃除することができます。

 

また、夕方になると一心にお菓子を召し上がる方も食べた後は、どうしてもうがいを通して口内をキレイにしましょう。

 

そうして、水でのうがいもいいですが、カテキン成分が含まれたお茶(緑茶)でのうがいはより口臭予防に期待ができます。

 

カテキンは、フラボノイドの一種で非常に手強い抗菌作用を持っています。

 

カテキンの持つ抗菌作用は、口内の細菌を滅菌し、口臭のもとを遮断してもらえる。

 

うがいは、2〜3分で行えるので、定期的にうがいをする癖をつけましょう。

 

 

口呼吸において

口呼吸は言葉が見せる通り、鼻ではなく口で息を吸って吐くことをいいます。
こういう口呼吸は、お口の不快ニオイの原因になることをご存知乏しいという人が速くありません。

 

なんで口呼吸だと息がくさくなるのか、理由をより説明しますが、ひとまず口呼吸の人は口の中が乾燥しやすくなっています。
口腔内が乾燥状態だと息がくさくのぼる原因となる雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
また、口の中が乾いていると虫歯や歯周病の発症や悪化の原因となりますが、そういった口の中のトラブルも不快口臭が出る原因となります。
以上のように、口呼吸だけでも口臭の原因になりますし、虫歯や歯周病ものの新たな口臭の原因を作りあげることにもなりかねないのが厄介なところです。

 

やっとこういう口呼吸を直したいに関して、方法は複数あります。

 

前もって、自分でできる対策としては、シンプルではありますが意識して鼻呼吸をする方法が挙げられます。
最初の段階ではきつく意識しないと口呼吸に戻ってしまいますが、根気強く継続していけば鼻の機能が活性化して鼻呼吸の割合が高まって赴き、最終的には口呼吸のほうが意識をしないとできないという状態にまですることも不可能話ではありません。
また、これと一緒に取り入れたい対策に、鼻呼吸テープの使用があります。
就寝時に唇にくっつけるだけというこれまたシンプルなものではありますが、口呼吸の人に特徴的な口がいつも開いている状態を矯正するのに有用です。

 

なお、こんな自分でできる対策をしても、効果が期待できない人もいますので注意が必要です。
どうかといいますという、効果が期待できない人は、鼻呼吸をすることが何らかの原因で不可能になっているからです。
考えられる原因としてはアレルギー性鼻炎や蓄膿症といった耳鼻科が守備範囲のトラブル、歯並びが酷い、出っ歯、口まわりの筋力が低下していらっしゃる、上あごが狭苦しいといった歯科が守備範囲のトラブルが挙げられます。
適切な治療を受けるため上記のトラブルが解決すれば、口呼吸をすることも無くなり、ひいては不快お口のニオイが気になることもなくなるでしょう。