コーヒーやタバコによる口臭

コーヒーやたばこやアルコールなどやにんにく料理を食べたあとの口臭や臭いの強いものを食べたあとの口臭が普段より強くなります。

 

こういう口臭は病的な問題はなく、一時的な口臭になりますので深く考え込むことはありません。

 

そういった、一時的な原因で発生する口臭を一過性の口臭と言います。

 

臭いが力強いものを食べなければ、ある程度の口臭を押さえ付けることができます。

 

おとなや成人になると飲みや接待が増えて、臭いが力強い料理やアルコールを呑むようになることが多くなります。

 

そういった機会も口臭の原因となる食事などで、口臭が発生している。

 

そういった一時的な口臭を引き下げる対策は、歯磨きをきちんとすることです。

 

食事後やアルコールを飲んだ後やタバコの後などに、こまめに歯磨きを行うため歯って歯の隙間や口内の掃除ができて、基本的な口臭対策ができます。

 

 

歯磨き粉にも各種種類がありますが、口臭予防に効果がある「なた豆」という成分を取り入れる歯磨き粉を別におすすめします。

 

なた豆の有効成分には、歯周病(歯槽膿漏)の改善の「カナバニン」や耐性を上げる働きがある「コンカナバリンA」が入っています。

 

オーナー一押しの歯磨き粉です!

 

 

一過性の口臭を治すための方法

 

一過性の口臭を治す方法に対して細かく引っかかる方は、こちらも参考として下さい!

 

<<カナバニンの効果・なたまめ歯磨き>>の説明&詳細情報はこちら